植毛ロボット「ARTAS」

従来の植毛施術は医師の技量が全てといってよいほどでした。しかし時代はもう最新テクノロジー!人間の何倍もの速度で正確に上質なドナーの採取を実現したのがARTASというロボットです。まさに「植毛革命」の時代がやってきました。

植毛ロボット「ARTAS」とは?

最近では、ARTASという植毛ロボットを使用して植毛を行うクリニックが増えてきています。ロボット植毛と聞く全て自動化されたシステムで植毛が行われるというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際には移植する髪の採取のみ自動で行うということです。植え付けは1本1本手作業で行うことになるため、植え付けの失敗で採取した髪を無駄にすることはありません。昔は採取から植えつけまで自動化されたロボットで行うというクリニックもあったのですが、植え付けの失敗で生着率が低くなってしまうことが分かったのです。ARTASの場合は髪の採取のみをロボットが行うことになるため、失敗してしまうことはありませんし、髪の採取をロボット化することで皮膚を切り取ることなく、手術できるというメリットもあります。メスを使わないで手術できるということがロボット植毛の特徴であり、技術力が必要ないということも魅力の一つとして挙げられます。しかし、ロボット自体がまだ高額であるため、それによって手術の費用も高くなってしまいます。また、大型のロボットを使うので髪を採取する部分を短くカットしておくことになります。さらに、この手術を受けられるクリニックが日本国内ではほとんど無いため、住んでいるところから遠い場所にあるクリニックに通う必要があるかもしれません。そこで安い金額で植毛手術を受けたいという人や遠くのクリニックに通いたくないという場合、他の植毛方法を選んだ方が良いでしょう。この方法のメリットとしては、ドナー採取の際に術者の技量の差が出にくいということやメスで切らずに手術ができるということ、ドナーを切断する確率が低いといったことなどが挙げられます。

ARTASの最新植毛技術

髪の毛が薄くなってきた時は対策が必要ですが、特に効果の高いものとして植毛があります。
植毛とは髪の毛が薄くなってきた所に、人工の毛か別の部分の髪の毛を植える方法のことをいいます。
この薄毛対策は昔から行われていましたが、色々な問題を生むことが多くリスクもありました。
しかし最近新しい技術が利用できるようになり、その方法とはARTASというものです。
このARTASとは機械を使った植毛方法で、自分の髪の毛を使って植毛をするものです。
薄毛の問題は男性ホルモンの影響で起きますが、側頭部と後頭部にはこの影響が出づらいです。
そのためそういう所の髪の毛を取り出し、薄くなっている所に植え付ければ髪を元の状態に戻すことができます。
ARTASが優れているのはその手術を機械で行えることで、正確な治療ができるので効果が高いです。
今までも自分の髪の毛を使った植毛は行われていましたが、そういう方法は医師の技術力に依存していました。
その影響でドクターの能力が低かったり体調が悪い時に受けると、問題のある治療になるケースが存在しました。
その点このARTASを使ったものならば機械で処理をしますから、安定した植毛手術を受けることができます。
機械を使った治療に不安を感じる方もいるかもしれませんけど、このARTASには高い技術力があるので安全です。
このARTASでは頭皮の情報をデジタルデータ化して処理をしているので、人の目で確認するよりも正確に手術ができます。
手術のスピードも速く短時間で終わらせることができますから、人の手で行うものよりも効率がいいです。
また手術の跡が残らないように計算して処理をしてくれるので、治療を受けた後でもすぐに仕事ができることが多いです。

ARTASの発育効果がすごい

自毛植毛は後頭部などから毛包を切り取り、薄毛の部分に移植する方法です。自分の毛なので安全性が高く、定着すれば効果は長持ちします。しかし手術が必要なので傷跡が残り、後頭部を刈り上げると目立ってしまいます。また成功率は医師の技術によって大きく変わります。腕の未熟な医師だと毛包を傷つけたりするため定着率が悪く、傷も治りにくくなります。腕の良い医師でも人間である以上、ミスをする可能性が皆無ではありません。
ARTASは植毛手術の欠点を克服すべく開発された、最先端の植毛ロボットです。カメラで捉えた頭皮の映像をデジタル処理し、コンピュータが分析して採取する場所を決定、ロボットアームが安全確実に毛包をパンチします。必要に応じて、医師が微調整をすることもできます。メスを使わないので傷の治りが早く、採取した後の髪がまばらで見苦しくなることもありません。また毛包を傷つけないため、移植後の定着率も高くなります。
人間が手術する場合は、上手な医師でも1時間に200本程度が限界と言われています。ARTASを使えば1時間に500本の採取が可能です。医師と違って疲れることも、ミスをすることもありません。手術を受ける側も、短時間で一度に済ませられるため、通院回数が少なく、体力的な負担も小さいというメリットがあります。
安全性にも配慮されていて、もし手術中に患者が動いてしまっても、センサーが働いて機械が自動的に止まるようになっています。デメリットといえる点は、まだ日本では普及が進んでいないため、費用が高めになることでしょう。ただしキャンペーンを利用したり、モニターとして施術を受けると、比較的安価で済む場合もあります。

■話題のAGA治療に含まれる成分
ミノキシジル